新生児聴覚検査費用の助成

串本町では、平成30年4月から新生児聴覚検査に係る費用を助成しています。

生まれてくる赤ちゃんの1,000人のうち1~2人は、生まれつき耳の聞こえに障がいを持つといわれています。障がいを早く発見して、適切な支援をしてあげることが赤ちゃんのことばと心の成長にとても大切なことです。聞こえの障がいは気付かれにくいため、出産後は「新生児聴覚検査」を受けましょう。

対象者

(1)生後6か月未満ではじめて新生児聴覚検査を受けた者
(2)新生児聴覚検査を受診した日と助成交付を受ける両日において串本町に住民票のある者
(3)他の市町村で新生児聴覚検査に係る助成を受けていない者

検査内容

自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)または耳音響放射検査(OAE)

どちらも赤ちゃんが眠っている間に短時間で安全に行える検査です。

助成額

上限5,000円(検査費が5,000円に満たない場合はその金額)

※確認検査を行った場合は、その費用についても上限5,000円で助成

契約医療機関で検査を受診する方へ

契約医療機関で新生児聴覚検査を受診される場合は、「新生児聴覚検査受診票」が使用できます。検査を受ける際に受診票を医療機関に提出し、検査費用が5,000円を上回る場合は、超過分を医療機関の窓口で支払ってください。

契約医療機関名

住所

電話番号

いずみウィメンズクリニック

新宮市清水元1-6-33

0735-21-0311

くしもと町立病院

串本町サンゴ台691-7

0735-62-7111

新宮市立医療センター

新宮市蜂伏18-7

0735-31-3333

契約医療機関以外で検査を受診する方へ(串本町新生児聴覚検査費助成事業)

契約医療機関以外で新生児聴覚検査を受診される場合は、以下の手続きが必要になります。契約医療機関以外において受診した際に要した費用を全額負担していただき、上限額を助成します。

申請方法(必要書類)

(1)串本町新生児聴覚検査費助成金交付申請書兼請求書(PDFPDFファイル(128KB)このリンクは別ウィンドウで開きますWordワードファイル(21KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
(2)新生児聴覚検査受診票(未使用分)
(3)母子健康手帳(聴覚検査の実施記録)
(4)聴覚検査に係る領収書・診療明細書

助成方法

申請書兼請求書に記載されている口座に振り込みます。申請から口座に入金されるまで、おおよそ1~2か月程度かかる場合があります。

申請者

新生児聴覚検査を受けた児の保護者

申請期限

新生児聴覚検査を受けた日から6か月以内

申請場所

串本町子育て世代包括支援センター

PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

このページに関するお問合せ先
串本町子育て世代包括センター TEL:0735-67-7007 FAX:0735-62-6306
〒649-3592 和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台690番地5 串本町役場 保健センター内