母子健康手帳の交付(妊娠の届出)

母子健康手帳の交付(妊娠の届出)

母子健康手帳は、妊娠の初期からの母子の健康の記録になります。
健康管理のため大切なものですので、妊娠が確認できたら、早めに串本町子育て世代包括支援センターで交付を受けてください。同時に妊婦健康診査受診票・歯科健康診査受診票・新生児聴覚検査受診票も交付していますので、医療機関で発行された妊娠届出書(届出書をお持ちでない方は来所時に診察した医師等の名前を記入していただいています)をご持参ください。

※平成28年1月以降、妊娠届出書に個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認が必要となります。届出の際は、個人番号カードまたは通知カード等と本人確認のできる書類をお持ちください。

妊婦健康診査・妊婦歯科健康診査の費用の助成

妊婦健康診査を14回、歯科健康診査を1回、公費負担で指定医療機関において実施します。母子健康手帳交付時に受診票を一緒にお渡ししますので、健診受診の際には必ず持っていくようにしてください。

転入された方へ

他市町村で交付を受けた妊婦健康診査受診票は使用できません。串本町の受診票を交付しますので、未使用の受診票と母子健康手帳を持って、串本町子育て世代包括支援センターにお越しください。

県外で妊婦健康診査を受診する方へ(串本町妊婦健康診査費助成事業)

里帰り出産や、やむを得ない事情等により県外で妊婦健康診査を受診される場合は、事前に串本町子育て世代包括支援センターまでその旨を必ず連絡してください。県外の医療機関で妊婦健康診査を受診される場合は、以下の手続きが必要になります。県外の医療機関において受診した際に要した費用を全額負担していただき、串本町で決定する上限額を助成します。

申請方法(必要書類)

(1)串本町妊婦健康診査費助成申請書兼請求書(PDFPDFファイル(94KB)このリンクは別ウィンドウで開きますWordワードファイル(23KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
(2)妊婦健康診査費支払証明書(医療機関証明用)(PDFPDFファイル(55KB)このリンクは別ウィンドウで開きます,Wordワードファイル(21KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
(3)当該妊婦健康診査に係る領収書

※領収書を無くした場合は、医療機関の発行する証明書で代えることもできます。(ただし、証明書発行の手数料は助成の対象にはなりません)

助成額

串本町発行の未使用の妊婦健康診査受診票(公費負担されるべき額)から県外医療機関で要した受診費用との差額が上限額となります。

※妊婦健診に要した費用であり、保険を使って支払われた投薬等の医療費については助成内容には含まれません。また、死産・流産された場合でも、それまでの妊婦健診に要した費用については助成内容に含まれます。対象となる妊婦が県外医療機関に支払った額が上限額に満たない場合は、現に支払いをした額とします。

助成方法

申請書兼請求書に記載されている口座に振り込みます。申請から口座に入金されるまで、おおよそ1~2カ月程度かかる場合があります。

申請者

対象者(妊婦)またはその配偶者のみ

申請期限

出産後、速やかに

申請場所

串本町子育て世代包括支援センター(保健センター内)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

このページに関するお問合せ先
串本町子育て世代包括センター TEL:0735-67-7007 FAX:0735-62-6306
〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本2367番地 串本町地域保健福祉センター内2階