子どもの定期予防接種について

串本町では、予防接種法に基づき下記の定期予防接種を実施しています。接種対象者には子育て世代包括支援センターより個別通知(接種依頼書および予診票)を行います。

他市町村より当町に転入された方は、これまでの予防接種の接種歴を子育て世代包括支援センターまでお知らせください。接種歴が未把握の場合、適した時期に各予防接種のご案内ができない場合がございますのでご注意ください。

定期予防接種一覧

種類

回数

対象者

個別通知時期

ロタウイルス

2回(1価)

~3回(5価)

生後6週~生後32週に至るまで

生後2か月前

ヒブ(Hib)

4回

生後2か月~5歳になる1日前まで

小児肺炎球菌

4回

生後2か月~5歳になる1日前まで

B型肝炎

3回

生後2か月~1歳になる1日前まで

四種混合

ジフテリア、百日せき

破傷風、ポリオ

1期初回:3回

生後3か月~7歳6か月になる1日前まで

1期追加:1回

BCG

1回

生後5か月~1歳になる1日前まで

生後4か月前

麻しん風しん混合

(MR)

1期:1回

1歳~2歳になる1日前まで

生後12か月前

2期:1回

5歳~7歳になる1日前まで

(小学校就学前の1年間)

年長児

水痘(水ぼうそう)

2回

1歳~3歳になる1日前まで

生後12か月前

日本脳炎

1期初回:2回

生後6か月~7歳6か月になる1日前まで

生後6か月~3歳前

1期追加:1回

2期:1回

9歳~13歳になる1日前まで

小学校4年生

二種混合

 ジフテリア、破傷風

2期:1回

11歳~13歳になる1日前まで

小学校6年生

子宮頸がんワクチン

(HPV)

3回

小学6年生~高校1年生まで

(16歳になる年度の3月31日まで)

随時

その他予防接種に関するお知らせ

日本脳炎予防接種(特例措置)について

日本脳炎予防接種は、平成17年~平成21年度にかけて国により積極的勧奨を差し控えておりました。過去に計4回の接種がお済みでない方のうち、下記に該当する方は特例対象者として接種することができます。接種を希望される場合は、子育て世代包括支援センターまでお問合せください。

【定期接種対象者(特例対象者)】

・平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方

 ↪ 接種時に20歳未満の方は不足分を公費負担で接種できます。

・平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方

 ↪ 接種時に9~13歳未満の方は第1期(計3回)の不足分を公費負担で接種できます。

子宮頸がんワクチン(HPV)予防接種について

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

小学6年生~高校1年生に相当する年齢の女子が対象です。対象者の方へ個別通知をしておりますが、ワクチンの有効性および安全性等について、十分にご理解をいただいた上で接種を受けてください。接種を希望される場合は子育て世代包括支援センターまでお問合せください。

接種時の注意

予防接種は健康状態の良いときに受けましょう。風邪や下痢などの病気にかかっているときや熱があるときの予防接種は見合わせてください。

お子さんを定期予防接種に連れて行くことができる方は、原則父母(または後見人)です。保護者がやむを得ない理由により同伴できない場合は、接種を受けるお子さんの健康状態を普段からよく知っており、予診票の内容をよく理解している親族(祖父母等)などが同伴し、予防接種を受けることも可能です。ただし、その場合は保護者の委任状(予診票裏面)が必要となります。

予防接種の検温は、接種当日の朝に体温を測定の上、予診票に記入してください。また、医療機関の待合等でもう一度測定していただきます。

予防接種を受けることができないお子さん

  • 明らかに発熱をしているお子さん
    一般的に発熱とは37.5℃を超える場合をさしますが、個人差がありますので37.5度未満でも医師の判断で接種できない場合があります。
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん
  • その日に受ける予防接種やその予防接種に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがあるお子さん
  • BCG予防接種については、予防接種や外傷などによるケロイドが認められるお子さん
  • お子さんが予防接種を受けるに不適当な状態であると医師が判断した場合

予防接種費用

無料

注意)接種対象年齢(法定接種期限)を超えて接種する場合は、任意接種となり全額自己負担となります。

接種時の持ち物

  • 母子健康手帳
  • 送付された予防接種依頼書・予診票(事前に必要事項を記入して医療機関へお持ちください)
  • 健康保険証

接種場所(医療機関一覧)

接種を希望する方は、必ず医療機関(小児科)へご予約のうえ、来院してください。

医療機関名

住所

電話番号

くしもと町立病院

串本町サンゴ台691-7

0735-62-7111

すずきこどもクリニック

新宮市下田2丁目3-2

0735-28-5080

真砂小児科

新宮市新宮7684-91

0735-29-7785

新宮市立医療センター

新宮市蜂伏18番7号

0735-31-3333

紀南病院

田辺市新庄町46番地の70

0739-22-5000

南和歌山医療センター

田辺市たきない町27-1

0735-26-7050

注意)上記以外の県内医療機関でも接種可能な医療機関がありますので、お問い合わせください。

串本町に住所があり、里帰り等で県外にいる方

定期予防接種費助成申請手続きについて

里帰り出産ややむを得ない事情等により県外にいらっしゃる方で、居住地の医療機関で予防接種を希望される場合は、事前に子育て世代包括支援センターに連絡をいただき、以下の手続きが必要になります。居住地の医療機関において予防接種をした際に費用を全額負担していただき、串本町が決定する補助限度額を助成します。

接種する際は、串本町発行の接種依頼書・予診票を使用して居住地の医療機関で接種してください。

1.申請方法(必要書類)

(1)串本町県外定期予防接種費助成金交付申請書兼請求書ワードファイル(18KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

(2)接種済予診票の写し

(3)医療機関発行の領収書の原本(予防接種費用として支払った額を確認できるもの)

2.助成方法

申請書兼請求書に記載されている口座に振り込みます。申請から口座に入金されるまで、おおよそ1~2カ月かかる場合があります。

3.申請者

 当町に住所を有する予防接種対象者の保護者

4.申請期限

 予防接種を受けた日から6月以内

5.申請場所

 串本町子育て世代包括支援センター

その他

定期予防接種では、予防接種によって引き起こされた副反応により病院での治療が必要となったり、日常生活に支障をきたすような障害が残ったりした場合は、予防接種法に基づく「予防接種健康被害救済制度」を受けることができます。ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、他の原因によるものかの因果関係を専門家による審査会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合にこの制度を利用することができます。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

このページに関するお問合せ先
串本町子育て世代包括センター TEL:0735-67-7007 FAX:0735-62-6306
〒649-3592 和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台690番地5 串本町役場 保健センター内