高齢者肺炎球菌予防接種について

平成26年10月1日から、高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の予防接種が予防接種法に基づく定期予防接種になりました。定期予防接種の対象者は、一部公費負担で接種を受けることができます。

肺炎と肺炎球菌予防接種

日常でかかる肺炎は、主に細菌やウイルスなどが肺に入り込んで起こる肺の炎症です。日本人の死因の中でも高く、肺炎により亡くなる人の多くは65歳以上です。

肺炎の原因となる細菌の多くは、人のからだや日常生活の中に存在しています。ふだんは健康でも、高齢だったり病気があったりして、抵抗力(免疫力)が弱まった時などに感染する可能性があります。

日常でかかる肺炎で、一番多い原因菌は、肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐためのワクチンです。
しかし、他の細菌やウイルスなどが原因となることもあるため、すべての肺炎を予防できるわけではありません。

2019年度(2020年3月31日まで)の定期予防接種対象者

串本町に住民票のある方で、下記の(1)、(2)に該当する方

※過去に自費・公費にかかわらず高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の予防接種を受けたことがある方は、定期予防接種の対象とはなりません。必ず過去の接種歴をご確認ください。

(1)下記の表に該当する方(誕生日を迎える前でも接種することができます)

定期予防接種対象者の年齢・生年月日

65歳

 昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生の方

70歳

 昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生の方

75歳

 昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生の方

80歳

 昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生の方

85歳

 昭和 9年4月2日~昭和10年4月1日生の方

90歳

 昭和 4年4月2日~昭和 5年4月1日生の方

95歳

 大正13年4月2日~大正14年4月1日生の方

100歳以上

 大正 9年4月1日以前の生まれの方

上記対象者には、案内通知を郵送しています。なお、転入した方、案内通知が届かない方は、お問い合わせください。

(2)60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能に重い病気のある方、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいを有する方で身体障害者手帳1級をお持ちの方

接種期間

平成31(2019)年4月1日から令和2(2020)年3月31日まで

※接種期間を過ぎてしまうと全額自費となりますのでご注意ください。

予防接種費用

自己負担額:2,000円

注意)生活保護世帯の方は自己負担額が免除されます。事前に保健センターでの手続きが必要です。

接種時の持ち物

  • 町から送付された接種依頼券・接種済証(切り離さないでください)
  • 町から送付された予診票(事前に必要事項を記入して医療機関へお持ちください)
  • 接種費用
  • 健康保険証

接種場所(町内医療機関一覧)

接種を希望する方は、必ず医療機関へご予約のうえ、来院してください。

医療機関名

所 在 地

電話番号

備 考

稲生医院

串本1735-52

62-3811

 

榎本クリニック

西向122-3

72-3530

 

覚前医院

和深838

67-0077

 

覚前医院田並診療所

田並949-2

66-0323

 

鎌田医院

潮岬3143

62-2526

 

串本有田病院

有田499-1

66-1021

入院患者優先

くしもと町立病院

サンゴ台691-7

62-7111

 

けんゆうクリニック

串本1790

62-5080

 

こしみちクリニック

鬮野川1356-4

67-7785

 

潮岬病院

潮岬417

62-0888

通院および入院患者優先

杉医院

串本1929

62-0153

 

辻内医院

串本2281

69-2211

 

にしき園診療所

二色160

62-5165

入所の方優先

やもとクリニック

上野山191

72-3388

 

注意)上記以外の町外医療機関でも接種可能な医療機関がありますので、お問い合わせください。

串本町に住所があり、入院・入所等で県外にいる方

高齢者肺炎球菌予防接種費助成申請手続きについて

入院中や施設入所等で県外にいらっしゃる方で、居住地の医療機関で高齢者肺炎球菌予防接種を希望する場合は、以下の手続きが必要になります。居住地の医療機関において予防接種をした際に費用を全額負担していただき、串本町が本人自己負担額を除いた額を助成します。
接種する際は、串本町発行の予診票・依頼券を使用して居住地の医療機関で接種してください。

1.申請方法(必要書類)

(1) 高齢者肺炎球菌予防接種費助成申請書兼請求書PDFファイル(63KB)このリンクは別ウィンドウで開きます記入例PDFファイル(95KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
(2) 高齢者肺炎球菌予防接種予診票(コピー可)
(3) 医療機関発行の領収書の原本(予防接種で支出した旨の記載のある領収書)

2.助成方法

申請書兼請求書に記載していただいた口座にお振り込みします。申請から口座に入金されるまで、およそ1~2カ月程度かかる場合があります。

3.申請者

接種者本人また家族等

4.申請期限

接種後、速やかに申請してください。

5.申請場所

串本町保健センター

6.郵送での申請

申請方法(必要書類)の(1)、(2)のコピー、(3)の原本を同封のうえ、
「〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本2367 串本町保健センター 予防接種担当」まで送付してください。

その他

定期予防接種では、予防接種によって引き起こされた副反応により病院での治療が必要となったり、日常生活に支障をきたすような障がいが残ったりした場合は、予防接種法に基づく「予防接種健康被害救済制度」を受けることができます。
ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、他の原因によるものかの因果関係を専門家による審査会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合にこの制度を利用することができます。

高齢者肺炎球菌予防接種について(印刷用)PDFファイル(201KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページに関するお問合せ先
串本町保健センター TEL:0735-62-6206 FAX:0735-62-6306
〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本2367番地 串本町地域保健福祉センター内2階

PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。