国民健康保険税の納付について

普通徴収(納付書または口座振替で納付)

串本町の国民健康保険税

「4月~6月(1期~3期)までの仮算定」と「7月~2月(4期~11期)までの本算定」に分けられています。本算定により決定した年税額と仮算定分の差額を7月以降の納期で納めていただきます。

仮算定

  • 4月に送付(4月~6月分/4月1日現在の被保険者のみ送付)
  • 算定方法:「前年度(1年間)の決定国保税額」÷11期×3か月(4月~6月)

本算定

  • 7月に送付(7月~3月分/送付日時点で国保資格がある被保険者)
  • 算定方法:「前年中の所得や資産税を基に算出した本年度国保税(年税額)」-仮算定分(注)
    (注)4月2日以降の新規国保加入者は、仮算定による課税(4月~6月分)がされていませんので、仮算定分は差し引きません。

納期限

4月~翌年2月までの各月末。(ただし、月末が土・日・祝日の場合は、翌平日)

※口座振替を希望される場合は、直接金融機関でお手続きください。
※納付書で納付する場合、スマートフォン決済アプリによる納付が可能です。

特別徴収

平成20年度より、下記の要件に該当する方は原則として、年金天引き(特別徴収)で納付していただきます。

特別徴収の対象となる要件

  1. 世帯主が65歳~74歳で、国民健康保険の被保険者であること
  2. 世帯内の国保被保険者全員が65歳以上74歳以下であること
  3. 世帯主の特別徴収の対象となる年金の年額が18万円以上であること
  4. 世帯主の国保税と介護保険料の合計額が、年金額の2分の1を超えないこと

ただし、当初、特別徴収であった人でも特別徴収の要件を満たさなくなれば、途中から普通徴収に切り替わります。
また、75歳に到達する年度は特別徴収が中止となりますのでご注意ください。

※上記要件に該当する方は、4月・6月・8月・10月・12月・翌年2月の年6回(年金支給時)に年金天引きされます。

  • 本年度国保税として、前年2月に徴収された金額と同じ金額が、「4月・6月・8月」の年金から天引きされます【仮徴収】
  • 前年所得が確定した後、7月に本年度の年税額が決定し「10月・12月・翌年2月」で仮徴収との差額を調整した金額を天引きさせていただきます【本徴収】。 

また、特別徴収で納付いただいている方は申し出により、納付方法を変更することができます。
【年金天引き(特別徴収)→口座振替(普通徴収)】

このページに関するお問合せ先
串本町役場 税務課 TEL: 0735-62-0586 FAX: 0735-62-4977
和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台690番地5