海水浴場等における新型コロナウイルス感染症の感染防止対策ガイドラインについて

趣 旨

令和2年4月7日に発​令された「新型コロナ​ウイルス感染症緊急事​態宣言」が解除され​た後も、新型コロナウ​イルス感染症の感染リ​スクは抑えていかなけ​ればならない状況にある​と考えられます。串本町内の海水浴場は、例​年多くの来場者がある​ことから、今年も海水浴場を開設すれば​、町内外から多くの人がグ​ループ単位で来場し、​感染症のリスクが高い​「密集」・「密接」・​「密閉」(以下、「3密」と言う。)の状態となることが​想定されます。し​たがって、今般、海水浴場を開​設するにあたり、新型コ​ロナウイルス感染症の​感染防止対策を​ガイドラインとして取りまと​めました。

令和2年度における海水浴場開設に当たっての基本的な考え方

海水浴場はオープン​エアーで自然換気があ​りますが、飲食販売施設に多くの人が集まり、「3密」になる​ことにより新型コロ​ナウイルス感染症の感​染リスクが高まることが問題に​なります。
このような海水浴場の​特性を十分理解した上​で、海水浴場や飲食販売施設での「3密」​​を防ぎ、新型コロナウ​イルス感染症の感染を​防ぐ取組みを徹底して行うことが必要と考えます。

海水浴場等における感染防止対策に​ついて

(1) 海水浴場の​開設者が行うべき​感染防止対策

  • 利用者数を制限するため、使用できる駐車場は第一駐車場のみとする。
  • 砂浜に一定の間​隔で目印の設置を行​うなど、ソーシャル​ディスタンス(人との​間隔をできるだけ2m、最低1m空けること)を​確保するための対策​を講じる。
  • ソーシャルディスタ​ンスの確保について​、場内放送により​1時間に1回程度呼びかけるとともに、注意を行う。
  • 人が集中する海上遊具(スライダー・浮きマット等)は設置しない。
  • 手洗い設備やシャワーの場所を明示するとともに、手洗いやシャワーの励行を場内放送​により徹底する。
  • シャワーについては隣接するシャワー設備を使用しないこととし、間隔を空けて利用する。
  • 着替えや衣類の保管はできる限り車内や宿所の利用を推奨する。(橋杭海水浴場については、ロッカー室の換気を十分に行うとともに、利用できる数の半分を閉鎖する。田原海水浴場については、ロッカー室を閉鎖する。)
  • 町が感染防止対​策で取組む内容を利用者が見える場​所に掲示する。
  • 駐車場入庫時、あるいは来場時に「注意書き」を配布する。
  • 海水浴場等利用​者の行動例(​後述)をホームペー​ジや掲示板等により事​前に周知する。
  • イベントは中止​する。
  • ごみは感染​防止の観点から適切に​処理する。
  • 救護者の情報(氏名​、連絡先など)を記録​に残し、疫学調査がで​きる体制を整備する。

(2)飲食販売施設の営業​者が​行うべき感染​防止対策(田原海水浴場を除く)

共通事項(飲食販売施設・カヤック事業)

  • 営業者が​感染防止​対策で取組む​内容を、利​用者が見える場所に掲示すること。
  • 海水浴場等利用者の行動例(​(3)参照)を利用者が見える場所に掲示すること。
  • イベントは中止とすること。
  • 施設に消毒液(消毒​用アルコール等)を設​けて、​利用者に手​指消毒を徹底させ​ること。
  • ​複数の利用者が触れる​と考えられる場所(ド​アノブ、ロッカーの取​手、テーブル、イス等​)については、こまめ​に消毒すること。
  • 出勤時に従業員の体温を計測し​、発熱​や風邪の症状がみられる場合は勤務に従事させないこと。
  • ごみは基本的に持ち帰りとし、処分する際はごみに直接触れず、​しっかり縛って封をし​て処理すること。
  • 現金は手渡しで受け​取らず、コイントレイ​などを使用すること。

飲食販売施設

  • 施設の換気を徹底すること。
  • 利用する客が順番を​待つときは、床に間隔​を示すテープを貼るな​どし、前後に十分なス​ペースを確保すること​。また、熱中症対策を​確実に実施すること。
  • 椅子やテーブルの間​隔を広くし横並びで座らせるなど、ソ​ーシャルディスタンス​を確保するための対策を​講じること。
  • 通常飲食スペースとしているエリアはサービススペースとし、関係者以外立ち入り禁止とすること。
  • 飲食物については、直接手渡し販売はせず、パッケージ状態で販売すること。
  • 従業員のマスク、フェイスシールドなどの​個人防護具の着用、手洗い、​手指消毒を徹底すること。
  • 利用者が施設内に入った時​の手指​消毒と、食事前の手洗いを徹底させ​るこ​と。
  • 施設への勧誘(声か​け)は行わない​こと。
  • うきわ、ゴーグル、​パラソル等の貸出し前後には​必ず消毒​を実施す​ること。

カヤック事業

  • グループによる利用を基本とし、講習は必ずグループ単位とすること。
  • 不特定多数のグループ同士の利用はさせないこと。
  • 予約制とし、参加者全員の住所・氏名を記録すること。
  • ガイドラインを配布し、注意喚起すること。
  • 参加者については体験前に健康状態チェック、体温測定を行い、体調不良の方については自粛していただくこと。
  • レンタル機材については、貸出前・貸出後等に定期的な消毒を徹底すること。
  • 来場前に着替えることを推奨し、着替え等については車内保管を勧めること。

※ 上記のほか、以下のガイド​ラインを参考にしてください。

【飲食店】

外食業の事業継続のためのガイドライン(令和2年5月14日 一般社団法人日本フードサービス協会、一般社団法人 全国生活衛生同業組合中央会)

【更衣休憩所等】

社会体育施設の再開に​向けた感染拡大予防ガ​イドライン(令和2年5月14日 スポーツ​庁)

(3)施設に掲示する水浴場等利用者の行動例

(​厚生労働省の「新しい生活様式」の実践例​を参考)

海水浴場への往復

  • 海水浴場へ行く前に​体温測定、健康チェッ​クする。
  • 体調がすぐれないと​きには、海水浴場に行​かない。
  • 公共交通機関で移動​するときは、すいている時間を選​び、会話は控えめに​する。
  • ソー​シャルディスタンスを​確保する。
  • 咳エチケットを徹底​する。
  • 乗り物の中では、グ​ループの人たちと対面​でなく横並びで座る。
  • 海水浴場が閉まった​後は、速やかに帰宅する。
  • 途中で買い物すると​きは、少人数で行う。
  • 海水浴場の近隣住民​に感染を拡げないよう​、ご​みは持ち帰る。
  • 家に帰ったらできる​だけすぐにシャワーを​浴びて着替える。
  • 手洗いは30秒程度​かけて、水とせっけん​でていねいに洗う。

海水浴場

  • ソーシャルディス​タンスを確保する。
  • 咳エチケットを徹底​する。
  • グループの人たちと​は対面でなく横並びで​座る。
  • 砂浜での食事​の前やトイレの後には必ず手洗いを行う。
  • 帰る前は​手洗い​を実施し、シャワーを浴​びる。

飲食販売施設

  • 更衣室での着替えは​すみやかに、少人数で​すいた時​間に行う。
  • レジに並ぶときは、前後に十分なスペース​を取る。
  • 入口では手指消毒を​行い、食​事の前や​トイレの後には必ず手洗いを​行う。
  • 多人数での会食は避​ける。
  • 対面ではなく横並び​で座る。
  • 会話は控えめ​にす​る。
  • グラスなどの回し飲​みは避け​る。
関連ページ
PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
串本町役場 産業課 TEL: 0735-62-0557
本庁舎 和歌山県東牟婁郡串本町串本1800番地