特定不妊治療費助成事業について

串本町では、平成29年4月より医療保険が適応されない特定不妊治療(体外受精および顕微授精)を受けられたご夫婦に対し、経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。助成は、和歌山県特定不妊治療費助成事業に上乗せする形で行います。

対象となる方

下記の要件をすべて満たす方

  • 法律上の婚姻をしている夫婦で、夫または妻のいずれか一方が串本町に住民登録している
  • 和歌山県特定不妊治療費助成事業の交付決定を受けている
  • 夫婦の前年所得の合計が730万円未満である
  • 夫および妻のいずれもが町税等を完納している

(注)新型コロナウイルス感染症の影響に伴う令和2年度における所得要件の取扱いについて

  1. 夫および妻の所得の合計金額が730万円以上であれば助成の対象外となりますが、次の(1)および(2)の条件を両方満たす場合は、助成の対象となります。
    (1)

    新型コロナウイルスの影響により所得が急変し、夫および妻の令和2年の所得の合計金額が730万円未満になる見込みであると町長が認めるものである。

    (2)

    令和2年4月1日以降に治療を終了したもので、令和3年3月31日までに申請されたものである。

  2.  夫および妻の所得の合計金額が730万円以上であれば助成の対象外となりますが、次の(1)から(3)の条件をすべて満たす場合は、助成の対象となります。
    (1)

    新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものであって、申請が令和2年6月以降となったものである。

    (2)

    夫および妻の平成30年の所得の合計金額が730万円未満であって、令和元年の所得の合計金額が730万円以上となる夫婦である。

    (3) 令和2年4月1日以降に治療を終了したもので、令和3年3月31日までに申請されたものである。

助成内容

初回の治療について

県要綱に定める1回の治療に要した経費から県助成額を控除した額について助成します。(上限5万円)

2回目以降の治療について

下記A、B、D、Eの治療を行った場合

1回の治療に要した経費から県助成額を控除した額について助成します。(上限10万円)

下記C、Fの治療を行った場合

1回の治療に要した経費から県助成額を控除した額について助成します。(上限5万円)

下記A、B、D、E、Fの一環として男性不妊治療を行った場合

1回の治療に要した経費から県助成額を控除した額について助成します。(上限5万円)

治療内容

A:新鮮胚移植の実施
B:採卵から凍結胚移植に至る一連の治療の実施
C:以前に凍結した胚による胚移植の実施
D:体調不良等により移植のめどがたたず治療を終了
E:受精できず、または胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等による中止
F:採卵したが卵が得られない、または状態のよい卵が得られないため中止

助成回数

上記の助成を受けられる回数は、当該助成にかかる治療期間の初日における妻の年齢によって異なります。

  • 治療期間初日の妻の年齢が40歳未満の場合:43歳になるまでに6回まで
  • 治療期間初日の妻の年齢が40歳以上43歳未満の場合:43歳になるまでに3回まで

(注)新型コロナウイルスの感染拡大に伴う令和2年度における取扱いについて

  1. 令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦であって、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあっては、40歳未満を41歳未満とする。
    ただし、治療の開始日が令和3年3月31日までであるものに限る。
     
  2. 令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦であって、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあっては、43歳未満とあるのは44歳未満とする。
    ただし、治療の開始日が令和3年3月31日までであるものに限る。

提出書類

助成を受けようとする方は、治療を受けた日の属する年度内に、串本町特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書ワードファイル(64KB)に以下の書類を添付し、県立保健所(支所を含む)に申請してください。

  1. 和歌山県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  2. 和歌山県特定不妊治療費助成事業助成金交付決定通知書の写し
  3. 戸籍上の夫婦であることを証明する書類(戸籍謄本および附票)の写し
  4. 夫および妻の住所を確認できる書類(住民票)の写し
  5. 医療機関が発行する特定不妊治療に要した費用に係る領収書の写し
  6. 夫および妻の串本町における納税証明書(未納がない証明)

助成金の支給

審査の結果、支給要件を満たしている場合は、串本町特定不妊治療費助成事業助成金交付決定通知書を交付し、指定された口座に振り込みます。支給要件を満たしていない場合等で、助成金の支給ができない場合は、その理由を記載した串本町特定不妊治療費助成金不交付決定通知書を交付します。

このページに関するお問合せ先
串本町子育て世代包括支援センター TEL:0735-67-7007 FAX:0735-62-6306
〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本2367番地 串本町地域保健福祉センター内2階