串本町子育て世代包括支援センター

串本町では、平成30年9月1日より「串本町子育て世代包括支援センター」(保健センター内)を立ち上げております。
保健センターで担当していた母子保健事業はここで行っています。

串本町子育て世代包括支援センター

串本町子育て世代包括支援センターは、妊娠・出産・子育てに関するさまざま悩みを相談できる窓口です。妊娠期から子育て期にわたり切れ目のない支援を行うことを目的とし、乳幼児健診などさまざまな行事を行っています。
心配なことや不安に思うことは、一人で悩まずお気軽にご相談ください。

母子健康手帳の交付(妊娠の届出)

母子健康手帳は、妊娠の初期からの母子の健康の記録になります。
健康管理のための大切なものですので、妊娠が確認できたら、早めに串本町子育て世代包括支援センターで交付を受けてください。同時に妊婦健康診査受診票・歯科健康診査受診票・新生児聴覚検査受診票も交付していますので、医療機関で発行された妊娠届出書(届出書をお持ちでない方は来所時に記入していただいます。)をご持参ください。

※平成28年1月以降、妊娠届出書に個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認が必要となります。受付時に窓口で個人番号の確認と本人確認を行いますので、個人番号カードまたは通知カード等と本人確認のできる書類をお持ちください。

妊婦健康診査・妊婦歯科健康診査の費用の助成

妊婦健康診査を14回、歯科健康診査を1回、公費負担で指定医療機関において実施します。健診受診の際には、妊婦健康診査受診票・歯科健康診査受診票が必要です。母子健康手帳交付時に一緒にお渡ししますので、健診の際には必ず持っていくようにしてください。

転入された方へ

他市町村で交付を受けた妊婦健康診査受診票は使用できません。串本町の受診票を交付しますので、未使用の受診票と母子健康手帳を持って、串本町子育て世代包括支援センターにお越しください。

県外で妊婦健康診査を受診する方へ(串本町妊婦健康診査費助成事業)

里帰り出産や、やむを得ない事情等により県外で妊婦健康診査を受診される場合は、事前に串本町子育て世代包括支援センターまでその旨を必ず連絡してください。県外の医療機関で妊婦健康診査を受診される場合は、以下の手続きが必要になります。県外の医療機関において受診した際に要した費用を全額負担していただき、串本町で決定する上限額を助成します。

申請方法(必要書類)

  1. 串本町妊婦健康診査費助成申請書兼請求書PDFファイル(118KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  2. 妊婦健康診査費支払証明書(医療機関証明用)PDFファイル(99KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  3. 当該妊婦健康診査に係る領収書

※領収書を無くした場合は、医療機関の発行する証明書で代えることもできます。(ただし、証明書発行の手数料は助成の対象にはなりません)

助成額

串本町発行の未使用の妊婦健康診査受診票(公費負担されるべき額)から県外医療機関で要した受診費用との差額が上限額となります。
※妊婦健診に要した費用であり、保険を使って支払われた投薬等の医療費については助成内容には含まれません。また、死産・流産された場合でも、それまでの妊婦健診に要した費用については助成内容に含まれます。対象となる妊婦が県外医療機関に支払った額が上限額に満たない場合は、現に支払いをした額とします。

助成方法

申請書兼請求書に記載されている口座にお振り込みします。申請から口座に入金されるまで、おおよそ1~2カ月程度かかる場合があります。

申請者

対象者(妊婦)またはその配偶者のみ

申請期限

出産後速やかに

申請場所

串本町子育て世代包括支援センター(保健センター内)

パパママ教室

妊娠中、健やかに過ごし、安心して出産・育児にのぞめるように、教室を開催しています。はじめてパパ・ママになる方やベテランパパ・ママのための教室です。
教室では、妊娠中から産後の過ごし方や生まれてすぐの赤ちゃんへの関わり方についてお話をしています。また、妊婦さん同士の交流の場にもなっています。電話でお申し込みください。

新生児聴覚検査の費用の助成

串本町では、平成30年4月から新生児聴覚検査に係る費用を助成しています。
生まれてくる赤ちゃんの1,000人のうち1~2人は、生まれつき耳の聞こえに障がいを持つといわれています。その障がいを早く発見して、適切な支援をしてあげることが赤ちゃんのことばと心の成長にとても大切なことです。聞こえの障がいは気付かれにくいため、早期に発見するために出産後は「新生児聴覚検査」を受けましょう。

対象者

  1. 生後6か月未満ではじめて新生児聴覚検査を受けた者
  2. 新生児聴覚検査を受診した日と助成交付を受ける両日において串本町に住民票のある者
  3. 他の市町村で新生児聴覚検査に係る助成を受けていない者

検査内容

自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)または耳音響放射検査(OAE)
※どちらも赤ちゃんが眠っている間に短時間で安全に行える検査です。

助成額

上限5,000円(検査費が5,000円に満たない場合はその金額)
※確認検査を行った場合はその費用についても上限5,000円で助成

契約医療機関で検査を受診する方へ

契約医療機関で新生児聴覚検査を受診される場合は、「新生児聴覚検査受診票」が使用できます。検査を受ける際に受診票を医療機関に提出し、検査費用が5,000円を上回る場合は、超過分を医療機関の窓口で支払ってください。

契約医療機関名 所在地 電話番号
いずみウィメンズクリニック 新宮市清水元1-6-33 0735-21-0311
くしもと町立病院 串本町サンゴ台691-7 0735-62-7111
新宮市立医療センター 新宮市蜂伏18-7 0735-31-3333

契約医療機関以外で検査を受診する方へ(串本町新生児聴覚検査費助成事業)

契約医療機関以外で新生児聴覚検査を受診される場合は、以下の手続きが必要になります。契約医療機関以外において受診した際に要した費用を全額負担していただき、上限額を助成します。

申請方法(必要書類)

  1. 串本町新生児聴覚検査費助成金交付申請書兼請求書PDFファイル(130KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  2. 新生児聴覚検査受診票(未使用分)
  3. 母子健康手帳(聴覚検査の実施記録)
  4. 聴覚検査に係る領収書・診療明細書

助成方法

申請書兼請求書に記載されている口座にお振り込みします。申請から口座に入金されるまで、おおよそ1~2カ月程度かかる場合があります。

申請者

新生児聴覚検査を受けた児の保護者

申請期限

新生児聴覚検査を受けた日から6か月以内

申請場所

串本町子育て世代包括支援センター(保健センター内)

産前産後サポート

産前産後サポートでは、妊娠・出産・子育てに関する不安や悩みなど、ママ友や専門家、先輩ママに何でも相談できる場を提供しています。また、お母さん同士の仲間づくりの場にもなっています。電話でお問い合わせください。

産後ケア事業

串本町では、平成30年10月から出産後のお母さんとお子さんの新生活を応援するため産後ケア事業を実施しています。契約医療機関・助産所で「宿泊」「デイサービス(日帰り)」で助産師等によるお母さんのからだのケアや育児・授乳の相談を受けることができます。産後に不安のある方はぜひご利用ください。

利用対象者

串本町に住民票のある生後1歳未満のお子さんとお母さんで下記に該当する方

  • 出産後、ご家族等から育児の協力支援が得られない方
  • 産後の体調がすぐれない方
  • 育児に不安や疲れを感じている方
  • 母子ともに医療行為が必要のない方

内容

  • 産婦の母体管理および生活術の指導
  • 乳房管理
  • もく浴・授乳等の育児指導
  • 乳児の世話、発育・発達等の観察
  • そのた母子が必要とする保健指導および育児相談

利用可能日数

  • 宿泊およびデイサービスの利用日数は、原則として通算10日以内
  • デイサービスは、1日2時間以内4時間未満

利用施設・利用料金

種類

利用施設

区分

利用料金(日額)

デイサービス型

・くしもと町立病院

・かづこ助産院

生活保護世帯

0円

町民税非課税世帯

1,200円

町民税課税世帯

2,400円

宿泊型

・くしもと町立病院

生活保護世帯

0円

町民税非課税世帯

2,700円

町民税課税世帯

5,400円

利用料金は1日の料金です。例)1泊2日の場合は、2日分の料金が必要となります。
お母さんの食事代については別途料金が必要となります。また、必要物品については支給がありませんので、各自ご用意ください。
※利用予定日決定後のキャンセルは、必ず利用予定施設と串本町子育て世代包括支援センターへご連絡ください。利用予定日決定後のキャンセルについては、キャンセル用(食事代等)がかかることがあります。

産後ケア事業 ~利用までの流れ~

事前に申請が必要

  • 申請先:串本町子育て世代包括支援センター

申請の際に、保健師がご家族の状況・体調・出産・育児の不安などについてお伺いします。利用開始日および利用期間の希望を確認します。(空き状況等によってはご希望に添えないこともあります)

 (世帯の課税状況の確認ができない場合は、所得証明書などの書類が必要な場合もあります。)

利用承認通知書を発行

利用の際に必要な「串本町産後ケア事業利用承認(不承認)通知書」を発行します。

産後ケア利用施設と日程について連絡調整

直接、利用希望施設と利用日について調整をしてください。(必要により、保健師が調整する場合もあります。)

産後ケア施設利用

承認通知書を持参し、産後ケア施設を利用してください。利用後は料金の支払いをしてください。

自宅

必要に応じて、地区担当保健師が引き続き、お母さんのからだの事や育児について支援します。

こんにちは赤ちゃん訪問

地区担当保健師が4か月児健診までに、産後のお母さんと赤ちゃんの様子を伺いに、すべてのご家庭に訪問しています。赤ちゃんの成長発達や、子育てに関する不安、お母さんの心や体のこと、兄弟姉妹のことなどの相談をお受けします。お気軽にご相談ください。
訪問については、はがき通知の後、順次電話連絡をしています。早く訪問を希望される場合は、電話でご連絡ください。

乳幼児健康診査・乳幼児健康相談

4か月、10か月、1歳8か月、2歳6か月、3歳6か月の時期に健診と相談を実施しています。 
健診は、お子さんの成長や発達の上で心配ごとや病気がないかなど聞きながら、お子さんにあったアドバイスをする場です。子育ての中で、わからないこと、不安なこと、心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

対象者には、実施日が近づきましたら、郵送で通知します。
なお、転入者につきましては、案内が漏れる場合がありますので、転入手続きの際にお問い合わせください。

項 目

内 容

4か月児健康診査

問診・身体計測・診察・離乳食教室・保健指導

10か月児健康診査

問診・身体計測・診察・ブックスタート・離乳食指導・保健指導

1歳8か月児健康診査

身体計測・問診・診察・歯科健診・ブラッシング指導・保健指導・栄養指導

2歳6か月児健康相談

歯科健診・身体測定・ブラッシング指導・問診・保健指導

3歳6か月児健康診査

身体計測・検尿・問診・診察・歯科健診・ブラッシング指導・保健指導

離乳食教室

離乳食が始まると、何を作ればいいのか、どのくらい食べさせればいいのか、色々と悩みが出てきます。そんな保護者のために、管理栄養士が一緒に離乳食を作ります。教室では、実習を通して具体的な作り方やポイント、簡単に作るコツなどをお話しています。お子さん、お父さんも一緒に参加いただけます。優先対象者の方へは、対象の日にちで個別にご案内します。優先対象者以外の方で、1歳未満のお子さんの保護者ならどなたでも参加いただけます。電話でお申し込みください。

発達支援親子教室

「ことばが遅い」「落ち着きがない」「友達と遊べない」「人見知りが強い」「子どもと遊び方がわからない」・・・など、お子さんの発達のことで心配している親子のための教室です。親子で遊びを楽しみ、遊びやお友達とのかかわりを通じて、のびのびと色々な経験を重ねていく場です。お子さんのことで心配ごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

  • 未就園児むけ 「きらきらくらぶ」2回/月
  • 就園児むけ 「おひさまくらぶ」1回/月

5歳児発達相談

串本町では、年長児の発達相談を実施しています。小学校入学前の1年はとても大切な一年です。家庭や、園での困りごとや苦手な部分があっても、かかわりを工夫することでお子さんの様子が変わってきます。もしかして、苦手なことについてお子さん自身も困っているかもしれません。お子さんにあったかかわりの工夫を専門の相談員、保健師などと一緒に考えてみませんか?困りごと、心配なことがある方はぜひご利用ください。この発達相談は、今までに発達相談を受けたことがない方を対象としています。
たとえば・・・ 

  • 集団に入れない
  • こだわりがつよい
  • 食べ物の好き嫌いがはげしい
  • 落ち着きがなく、じっとしていられない
  • 会話がかみ合わないことがある
  • 極端に苦手な運動があったり、手先に不器用さがある
  • お友達やきょうだいとトラブルを起こしやすい
  • すぐカッとなったり、かんしゃくをよく起こす

一般不妊治療費助成事業

不妊および不育に悩むご夫婦に対して、一般不妊治療に係る費用の一部を助成する制度です。

特定不妊治療費助成事業

医療保険が適用されない特定不妊治療(体外受精および顕微授精)を受けられたご夫婦に対して、治療費の一部を助成する制度です。

こうのとり相談窓口

和歌山県では、子どもを安心して産み育てることができるための環境づくりを推進するために、不妊に関する相談窓口を設けています。
詳しくは、和歌山県福祉保健部健康局健康推進課「こうのとり相談窓口のご案内このリンクは別ウィンドウで開きます」をご覧ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

このページに関するお問合せ先
串本町子育て世代包括支援センター TEL:0735-67-7007 FAX:0735-62-6306
〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本2376番地 串本町地域保健福祉センター内2階