一般不妊治療費助成事業について

串本町では、不妊に悩むご夫婦に対して、不妊治療にかかる費用の一部を助成しています。

対象となる方

不妊に悩むご夫婦のうち、下記の要件をすべて満たす方。

  • 法律上の婚姻をしている夫婦で、夫又は妻のどちらかが和歌山県内に1年以上住民登録している
  • 各種医療保険に加入されている
  • 夫婦の前年所得の合計が730万円未満である

助成内容

助成額:1年度あたり3万円を上限
助成期間:連続する2年度(助成開始月から24カ月間(2年間)の期間)

助成対象治療

  • 医療保険各法に規定する療養の給付が適用となる不妊治療
    (タイミング療法・薬物療法など)
  • 医療保険適用外の不妊治療のうち、体外受精及び顕微鏡授精を除く治療
    (人工授精など)
  • 治療の一環として行われる検査、及び治療開始前に不妊原因を調べるための検査

不妊治療を実施する産婦人科・泌尿器科であれば、県内外を問わず、どこの医療機関を受診していても助成の対象とします。

申請時期

治療を受けた日の属する年度内に申請

申請書類

一般不妊治療費助成申請書(薬局での投薬を受けた方は、薬局からの証明書)

  • 一般不妊治療医療機関受診等証明書
  • 医療機関発行の不妊治療に要した費用に係る領収書
  • 戸籍上の夫婦であることを証明する書類(戸籍騰本等)
  • 夫婦の住所を確認できる書類(住民票)
  • 夫婦の前年の所得を証明する書類(所得証明書)

必要書類につきましては、串本町保健センターにて用意しています。
(保健センター窓口を来訪するのが心情的に困難な方は、匿名で結構ですのでお電話でご相談下さい。)

申請書ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
串本町役場 地域保健福祉センター TEL: 0735-62-6206
保健センター 和歌山県東牟婁郡串本町串本2367番地