新型コロナウイルスワクチンの5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について【令和4年2月17日現在】

串本町では、新型コロナワクチンの5~11歳の子どもへの接種(小児接種)を行うための準備を進めています。

新型コロナウイルスワクチンの接種にあたっては、当面、確保できるワクチンの量に限りがあり、その供給も順次行われる見通しであることから、以下の内容は今後見直される可能性があります。

接種対象者

1回目を接種する日の年齢が5歳から11歳のお子さん。

※1回目接種時に11歳のお子さんが2回目接種時に12歳であっても、2回目接種は小児ワクチンを接種します。

使用するワクチン

ファイザー社の小児用ワクチン

接種費用

無料 

※国が全額負担

接種回数

1人につき2回 

※通常、3週間の間隔で2回接種します。1回目接種から間隔が3週間を超えた場合は、できるたけ速やかに2回目接種を受けてください。

接種部位

通常、三角筋に筋肉内接種します。

接種方法

集団接種 

接種場所

くしもと町立病院 (東牟婁郡串本町サンゴ台691番地7)

接種時期

令和4年3月6日(日)より開始

接種申込み

接種対象者の方に接種案内を送付します。接種を希望される方は、必ず同封の申込ハガキにより令和4年2月25日(金)までにお申し込みください。お申し込みいただいた方には折り返し、接種日時(受付票)をご案内します。

当日持参する物

  1. 受付票
  2. クーポン券
  3. 予診票(参考)

接種の同意

新型コロナウイルスワクチンの接種については、接種を受けられる方の同意がある場合に限り接種を行います。ただし、保護者の同伴と、予診票への保護者の署名が必要となります。

予防接種法に基づく健康被害救済

予防接種後の副反応による健康被害については、極めてまれではあるものの不可避的に生じるものであることから、接種に係る過失の有無に関わらず迅速に救済することとされています。

新型コロナワクチンの接種は、予防接種法の規定に基づいた予防接種として行われます。したがって、市町村長は、新型コロナワクチンを接種したことにより健康被害が生じたと厚生労働大臣が認めた者について、救済給付を行うこととなっています。救済給付に係る費用は、国が負担します。

資料

関連リンク

相談窓口

<串本町コールセンター>

  • 電話番号:専用ダイヤル0735-62-1560 FAX0735-62-6306
  • 受付時間:8時30分~17時15分(平日)
  • 相談内容:接種券や接種日程などに関すること
PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
串本町役場 福祉課 保健センター TEL: 0735-62-6206 FAX: 0735-62-6306
和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台690番地5