■望楼の芝

本州最南端の地、潮岬の先端に広がる約10万㎡の大芝生。その昔、海軍の望楼(物見櫓)があったところで、「太陽の出て没るまで青岬」と山口誓子によってうたわれているように、眼前には緩やかな弧をえがいて太平洋が広がり、地球が丸いことが実感できます。隣接する潮岬観光タワーでは、「本州最南端訪問証明書」を発行しています。

 
◆所在地(タワー):〒649-3502 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706−26

◆アクセス:JR紀勢本線串本駅よりバス17分、タクシー15分

◆駐車場:あり(無料) 普通車100台、バス11台

◆営業時間(タワー):8時30分~16時30分(12月~2月 8時30分~16時)

◆休業日(タワー):年中無休

◆入場料(タワー):大人300円(団体200円)、こども(小・中学生)100円

◆TEL(タワー):0735-62-0810

 
 



戻る