○串本町地域おこし協力隊設置要綱

平成27年3月20日

告示第28号

(設置)

第1条 人口減少や少子高齢化が進む当町において、地域外の人材を積極的に誘致し、地域の活性化に必要な施策の推進に資するとともに、当町への定住及び定着を促進するため、地域おこし協力隊推進要綱(平成21年3月31日付総行応第38号総務事務次官通知)に基づき、串本町地域おこし協力隊(以下「協力隊」という。)を設置する。

(身分)

第2条 協力隊の隊員(以下「隊員」という。)の身分は、串本町臨時職員等に関する規則(平成21年串本町規則第3号。以下「規則」という。)に規定する臨時職員とする。

(資格)

第3条 隊員は、次の各号の要件を全て満たす者のうちから、町長が任用する。

(1) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する一般職の職員の欠格条項に該当しない者

(2) 3大都市圏をはじめとする都市地域から当町内に生活の拠点を移し、住民票を異動させる者

(3) 任用の日において18歳以上の者

(4) 地域おこし活動に意欲と情熱を有し、かつ積極的に活動できる者

(5) 普通自動車運転免許を有している者

(6) 前各号に定めるもののほか、募集の都度に町長が定める要件を満たす者

(任務)

第4条 隊員は、次に掲げるいずれかの活動に従事する。

(1) 国際交流事業に関すること。

(2) 農林水産業及び観光業等の地域産業の振興に関すること。

(3) 環境保全に関すること。

(4) 地域行事等の支援に関すること。

(5) 住民の生活支援に関すること。

(6) 他の自治体との交流に関すること。

(7) 前各号に定めるもののほか、地域おこしに関することで、町長が必要と認めた活動

(解任及び予告)

第5条 隊員の解任及び解任の予告については、規則によるものとする。

(勤務条件等)

第6条 隊員の給与、任用期間、勤務時間、有給休暇、旅費、福利厚生及び公務災害については、規則によるものとする。

2 隊員の住居に関する費用は、町が予算の範囲内で支給する。

3 その他支援活動に必要と認められる車両及び物品等は貸与する。

(副業の許可)

第6条の2 隊員は、串本町に定住するために、活動の妨げにならない範囲において、活動の延長又は他の営利活動に従事することにより、串本町が支給する給与等以外の収入を得ようとする場合には、串本町職員の営利企業等の従事制限に関する規則(平成24年串本町規則第28号)第5条の規定による許可を受けなければならない。

(秘密の保持)

第7条 隊員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日告示第26号)

この告示は、公布の日から施行する。

串本町地域おこし協力隊設置要綱

平成27年3月20日 告示第28号

(平成29年3月31日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 町長部局/第1節 組織・処務
沿革情報
平成27年3月20日 告示第28号
平成29年3月31日 告示第26号