○串本町有害鳥獣捕獲わな設置事業補助金交付要綱

平成24年3月12日

告示第29号

(趣旨)

第1条 この告示は、野生鳥獣による農作物への被害を防止するため、町内の区長及び農業者で組織する集団(以下「事業実施主体」という。)が実施する有害鳥獣捕獲わな設置事業(以下「事業」という。)に対し、予算の範囲内で補助金を交付することについて串本町補助金等交付規則(平成17年串本町規則第30号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、次に定めるところによる。

(1) 有害鳥獣 イノシシ、サル、シカ、アライグマ、タヌキ等農作物に被害を与えるものをいう。

(2) 有害鳥獣捕獲わな 箱わな(以下「わな」という。)をいう。

(事業の基準)

第3条 補助金の交付対象となる事業は、次に定める事業とする。

(1) 事業実施主体が設置する有害鳥獣捕獲に係るわなの購入費用

(2) 前号に定めるもののほか、町長が特に必要と認める事業

2 補助金の交付額は、わな購入に要した経費の2分の1以内とし、イノシシ、サル又はシカ捕獲用わなについては10万円を限度とし、アライグマ又はタヌキ等捕獲用わなについては2万円を限度とする。

3 わな1基当たりの補助対象額はイノシシ、サル又はシカ捕獲用わなについては10万円以内とし、アライグマ又はタヌキ等については1万4千円以内とする。

(事業の採択基準)

第4条 事業の実施に当たっては、次の事項に留意するものとする。

(1) わなの設置又は活用には、わな猟免許を所有した狩猟登録者の協力が必要となるため、事業実施前に協力の同意を得るものとする。

(2) 本事業は、自力又は他の助成事業として既に実施した事業については、遡及適用しないものとする。

(3) 本事業は、維持費用及び修繕費用には適用しないものとする。

(4) 本事業は、単年度内に完了するものとする。

(その他)

第5条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

串本町有害鳥獣捕獲わな設置事業補助金交付要綱

平成24年3月12日 告示第29号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
平成24年3月12日 告示第29号