○串本町セクシュアルハラスメントの防止等に関する要綱

平成20年9月10日

訓令第4号

(目的)

第1条 この訓令は、職場におけるセクシュアルハラスメントの防止に関し必要な事項を定め、もって男女が対等平等な関係で快適に働くことができる職場環境を実現することを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) セクシュアルハラスメント 職場における性的な言動に対する職員の対応によって、その職員が勤務条件につき不利益な取扱いを受けること又は職場における他の職員を不快にさせる性的な言動により、職員の勤務環境が害されることをいう。

(2) 職場 職員がその職務を遂行する場所をいい、出張先その他職員が通常執務する場所以外の場所を含む。

(3) 性的な言動 性的な関心及び欲求又は性別により役割を分担すべきとする意識に基づく発言並びに行動をいう。

(4) 勤務条件につき不利益な取扱いを受けること 任用上の取扱い、給与上の取扱い等に関し不利益を受けることをいう。

(職員の責務)

第3条 職員は、セクシュアルハラスメントに関し別に定める指針に従い、セクシュアルハラスメントについての理解を深め、これを行わないようその言動に常に注意しなければならない。

(所属長の責務)

第4条 所属長は、職員がその能力を十分に発揮できるような良好な勤務環境を確保するため、セクシュアルハラスメントの防止及び排除に努めなければならない。

2 所属長は、セクシュアルハラスメントに起因する問題が生じたときは、迅速かつ適切に対処するとともに、総務課長に報告の上、必要な措置を講じなければならない。

3 前項の場合において、セクシュアルハラスメントに対する職員の対応に起因して当該職員が職場において不利益を受けることがないよう配慮しなければならない。

(相談苦情窓口の設置)

第5条 セクシュアルハラスメントに関する相談又は苦情(以下「相談等」という。)に対応するため、相談苦情窓口(以下「窓口」という。)を別表第1のとおり設置する。

2 窓口において相談等を受ける職員(以下「相談員」という。)は、当該相談等に係る問題の事実確認及び当事者に対する助言等により、当該相談等に迅速かつ適切に対応するよう努めるとともに、総務課長に報告するものとする。

3 窓口に関する庶務は、総務課において処理する。

(相談等の処理)

第6条 総務課長は第4条第2項及び第5条第2項の規定による報告又は前条の相談等があったときは、速やかに事実関係を確認し、必要な指導を行うものとする。

2 総務課長は、前項の場合において、事案の内容又は状況から判断し、必要と認めるときは、次条に規定する苦情処理委員会にその処理を依頼するものとする。

(苦情処理委員会の設置)

第7条 セクシュアルハラスメントに関する問題に適切かつ効果的に対応するため苦情処理委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

2 委員会は、副町長及び別表第2に掲げる委員をもって組織する。

3 委員長は、副町長をもってこれに充てる。

4 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

5 委員会は、前条第2項の規定により総務課長から依頼された事案について事実関係を調査し、その対応措置を審議し、必要な措置を講じるものとする。

6 委員長は、必要と認めたときは、関係者の出席を求めることができる。

7 委員会の庶務は、総務課において処理する。

(プライバシーの保護等)

第8条 セクシュアルハラスメントに関する相談又は苦情の処理を担当する職員及び委員は、関係者のプライバシーの保護及び秘密の保護を厳守し、関係者が不利益な取扱いを受けないように留意しなければならない。

(対応措置)

第9条 総務課長又は委員会による事実関係の調査の結果、職員のセクシュアルハラスメントの態様が信用失墜行為、全体の奉仕者たるにふさわしくない非行などに該当すると認められるときは、その意見を串本町職員懲罰委員会に具申するものとする。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、セクシュアルハラスメントの防止等に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行し、平成20年9月1日から適用する。

附 則(平成24年3月1日訓令第1号)

この訓令は、公布の日から施行する。

別表第1(第5条関係)

総務課長が推薦する職員2人

福祉課長が推薦する職員2人

職員組合が推薦する職員2人

別表第2(第7条関係)

総務課長

福祉課長

福祉課長が推薦する保健師1人

職員組合が推薦する職員1人

串本町セクシュアルハラスメントの防止等に関する要綱

平成20年9月10日 訓令第4号

(平成24年3月1日施行)