○串本町補装具費の代理受領に関する要綱

平成18年12月20日

告示第122号

(趣旨)

第1条 この告示は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」という。)の規定に基づく補装具費の支給に係る代理受領等について必要な事項を定めるものとする。

(補装具費の代理受領)

第2条 町長は、補装具費支給券の交付を受けた障害者又は障害児の保護者(以下「補装具費支給対象障害者等」という。)からの委任に基づき、補装具費として当該補装具費支給対象障害者等に支給されるべき額の限度において、当該補装具費支給対象障害者等に代わり、当該補装具の販売又は修理を行う事業者(以下「補装具業者」という。)に支払うことができる。

2 前項の規定による支払があったときは、補装具費支給対象障害者等に対し補装具費の支給があったものとみなす。

3 補装具業者は、その提供した補装具について、第2項の規定により、補装具費支給対象障害者等に代わって補装具費の支払を受ける場合は、当該補装具を提供した際に、当該補装具費支給対象障害者等から利用者負担額の支払を受けるものとする。

4 補装具の提供に要した費用につき、前項の利用者負担額の支払を受ける際、当該支払をした補装具費支給対象障害者等に対し、領収証を交付しなければならない。

(請求)

第3条 補装具業者は、町長に対して補装具費を請求する場合には代理受領に係る補装具費支払請求書兼委任状(別記様式)に補装具費支給券を添えて請求しなければならない。

2 町長は、補装具業者から補装具費の適法な請求を受けた日から30日以内にその額を支払うものとする。

(不正利得の徴収等)

第4条 町長は、補装具費支給対象障害者等又は補装具業者が、偽りその他の不正の手段によって補装具費の支給を受けたとき、又は関係法令等の規定に違反したときは、当該支給額の全部又は一部の返還を求めることができる。

(雑則)

第5条 この告示に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成18年10月1日から適用する。

附 則(平成25年9月12日告示第108号)

この告示は、公布の日から施行し、平成25年4月1日から適用する。

画像

串本町補装具費の代理受領に関する要綱

平成18年12月20日 告示第122号

(平成25年9月12日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 障害者福祉
沿革情報
平成18年12月20日 告示第122号
平成25年9月12日 告示第108号