○串本町戸籍事務取扱規程

平成17年10月27日

訓令第48号

(目的)

第1条 この訓令は、串本町における本庁、古座分庁舎(以下「分庁舎」という。)及び連絡所間相互における戸籍事務に関し必要な事項を定めるものとする。

(データ及び帳簿等の保管)

第2条 戸籍、除かれた戸籍、受付帳及び人口動態調査票等の戸籍関連事務のデータはこれらの事務を行う戸籍情報処理システムにおいて磁気媒体で保管する。

2 戸籍事務取扱準則に定める諸帳簿は、本庁において保管する。ただし、分庁舎及び連絡所において交付する戸籍の記録事項証明書及び戸籍謄抄本、その他戸籍に関する証明書等(以下「戸籍証明書等」という。)の交付請求は田原連絡所の分は分庁舎で、和深・大島連絡所の分は本庁において保管し、分庁舎における帳簿書類保存簿、帳簿書類点検引継簿、交付申請書、戸籍事務取扱報告綴、帳簿書類廃棄決定書類綴、戸籍に関する雑書類綴は本庁において保管する。

(届書等の審査及び保管)

第3条 届書は本庁及び分庁舎で取り扱うものとし、届書及び添付書類又は申請書等(以下「届書等」という。)を審査の上受理又は不受理の決定をし、届出又は申請を受けた分庁舎は半月毎に本庁へ引き継ぐものとする。

2 前項の規定により受理した届書等は、分庁舎においては本庁に引き継ぐまで保管する。

(処理)

第4条 前条の規定により受理した届書は、直ちに戸籍受付帳に記載する。

第5条 本庁及び分庁舎に送達簿を備え、届書の授受を明確にする。

(届書等の送付)

第6条 分庁舎で受付した届書等は、第3条により最も早い方法によりこれを行う。

(戸籍証明書等の交付)

第7条 証明書等の交付は交付請求のあった本庁、分庁舎又は連絡所において行う。

2 連絡所における戸籍証明書等の交付は、当該交付請求を模写伝送装置により、本庁及び分庁舎へ電送し、同装置により本庁及び分庁舎から戸籍証明書等の電送を受け、認証の上交付する。

(戸籍謄抄本等の作成)

第8条 本庁及び連絡所の戸籍謄抄本等の作成は、次に掲げる方法による。

(1) 電子情報処理組織による取り扱いに適合しないため改製しなかった戸籍証明書等の交付請求を受けたときは、当該交付請求を模写電送装置により分庁舎へ電送し、同装置により分庁舎から戸籍簿写し等の電送を受け、認証の上交付する。

(2) 届書と同時に申請のあった受理、不受理証明について分庁舎は自庁において作成交付し、本庁及び連絡所は、分庁舎において作成し、模写電送装置により電送を受け、認証の上交付する。

(3) 前号の規定により作成した写しは、戸籍法施行規則第12条第2項から第4項までの規定に従い交付する。

(帳簿書類の廃棄)

第9条 帳簿書類の廃棄については、本庁において処理する。

(報告)

第10条 戸籍証明書等の交付に関する統計は本庁で行う。

2 分庁舎及び連絡所は、戸籍証明書等の交付に関する資料を翌月5日までに報告しなければならない。

(官公署に対する書類等の送付及び通知等)

第11条 監督法務局に送付する戸籍関係書類及び各号に掲げる通知等は、本庁で行う。

(1) 戸籍法施行規則第65条の規定による通知

(2) 相続税法(昭和25年法律第73号)第58条の規定による通知

(3) 人口動態調査票の作成及び報告

(4) その他官公署への申請及び報告

附 則

この訓令は、公布の日から施行し、平成17年10月12日から適用する。

串本町戸籍事務取扱規程

平成17年10月27日 訓令第48号

(平成17年10月27日施行)