○串本町路線バス事業補助金交付要綱

平成17年4月1日

告示第63号

(趣旨)

第1条 この告示は、串本町内を運行する路線バス事業維持を図るため、路線バス事業を運営する事業者に対し、各運行路線で欠損額が発生したとき、予算の範囲内で補助金を交付することについて、串本町補助金等交付規則(平成17年串本町規則第30号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業者)

第2条 この告示による補助金の交付を受けることができる事業者は、串本町内を運行する路線バス事業者とする。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、補助金を交付しない。

(1) 運行路線で欠損額が発生しなかった路線

(2) 国・県の補助金を受ける路線(ただし、国・県の補助金を受けた後でも欠損金がある場合は除く。)

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が補助金の交付目的に適合しないと認めるとき。

(補助金の額)

第3条 町長は、路線バス事業者に対し、予算の範囲内で補助金を交付する。

2 前項の規定より町長が交付する補助金の額は、運行路線の欠損額を限度とする。

(交付申請及び実績報告)

第4条 補助金の交付申請及び実績報告を行う事業者は、規則第3条に規定する交付申請書、規則第10条に規定する実績報告書に代わり、国・県補助対象路線補助申請及び実績報告書と同程度の申請書を提出する。

(添付書類)

第5条 交付申請及び実績報告に添付する書類は、次のとおりとする。

(1) 国・県補助申請書に添付する書類と同程度の添付書類

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が必要と認める書類

(経理)

第6条 補助金の交付を受けたものは、補助金に関する経理についての収支の事実を明らかにする証拠書類を整理し、かつ、これらの書類を当該補助事業が完了した日の属する会計年度の終了後、5年間保存しなければならない。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

串本町路線バス事業補助金交付要綱

平成17年4月1日 告示第63号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第4章 商工・観光
沿革情報
平成17年4月1日 告示第63号