○串本町あらふねシーサイドホテル条例

平成17年4月1日

条例第152号

(趣旨)

第1条 この条例は、産業の振興及び地域の活性化を図ることを目的とし、住民及び一般の休養並びに宿泊の用に供する串本町あらふねシーサイドホテル(以下「施設」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 あらふねシーサイドホテル

位置 串本町 田原 字東向

(利用料金等)

第3条 利用料金等については、串本町国民宿舎条例(平成19年串本町条例第26号)第3条から第13条までの規定を準用する。

(委任)

第4条 この条例に定めるもののほか、施設の管理及び運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の古座町あらふねシーサイドホテル設置及び管理に関する条例(平成10年古座町条例第29号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月24日条例第17号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

串本町あらふねシーサイドホテル条例

平成17年4月1日 条例第152号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第4章 商工・観光
沿革情報
平成17年4月1日 条例第152号
平成20年3月24日 条例第17号