○串本町心身障害児福祉手当支給要綱

平成17年4月1日

告示第17号

(趣旨)

第1条 この告示は、障害児の生活の安定及び福祉の向上を図ることを目的として、心身障害児に対し、心身障害児福祉手当(以下「手当」という。)を支給することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において「心身障害児」とは、知的障害児、身体障害児又は精神障害児で、年齢満20歳(児童手当受給年齢の心身障害児を除く。)以下のものをいう。

(支給要件)

第3条 手当は、本町に住所を有し、又は町長が認める町外の施設等に入所している前条に該当する者に支給する。ただし、串本町重度心身障害児(者)医療費の支給に関する条例(平成17年串本町条例第122号)による医療費の支給を受けることができる者を除く。

(手当の額)

第4条 手当の額は、次のとおりとする。

(1) 在宅の心身障害児 年額48,400円

(2) 前号以外の心身障害児 年額14,600円

(申請の手続)

第5条 手当の支給を受けようとする者は、申請書に次に掲げる書類を添えて、これを町長に提出しなければならない。

(1) 住民票の写し

(2) 医師の診断書又は心身障害児が第2条に該当する者であることを証する書類

(受給資格の認定等)

第6条 町長は、前条に規定する書類を審査し、受給資格を有すると認定したときは受給資格認定書を、受給資格を有しないと認定したときは支給不承認通知書を当該申請者に交付するものとする。

(受給資格の喪失)

第7条 前条の規定により受給資格を有すると認定された者(以下「受給権者」という。)が次の各号のいずれかに該当することとなったときは、当該各号に該当することとなった日にその受給資格は喪失するものとする。

(1) 死亡したとき。

(2) 第2条又は第3条の規定に該当しなくなったとき。

(届出)

第8条 受給権者又は保護者は、次の各号のいずれかに該当することとなったときは、速やかに受給資格喪失届又は住所(氏名)変更届を町長に提出しなければならない。

(1) 前条の規定に該当することとなったとき。

(2) 住所又は氏名を変更したとき。

(受給資格の喪失通知)

第9条 町長は、受給権者が受給資格を喪失したと認めたときは、受給資格喪失通知書により受給権者又は保護者に対し、この旨を通知するものとする。

(支給期間及び支払方法)

第10条 手当は、受給権者が第5条の規定により申請した日の属する月の翌月から第7条の規定により資格を喪失した日の属する月まで支給する。

2 手当は、毎年前期(4月から9月まで)及び後期(10月から翌年の3月まで)の2期に分けて、前期分については10月に、後期分については翌年の3月にそれぞれ支払う。ただし、受給権者が受給資格を喪失したときその他特別の事情がある場合においては、支払月でない月であっても支払うことができるものとする。

3 受給権者は、前期分に係る手当については9月末日までに、後期分に係る手当については3月10日までにそれぞれ請求書を町長に提出しなければならない。

(未支給手当)

第11条 受給権者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき手当で、まだその者に支給しなかったものがあるときは、その者の父母、祖父母又は兄弟姉妹であって、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたものは、自己の名でその未支給の手当の支給を請求することができる。

(手当の返還)

第12条 偽りその他不正の手段により手当の支給を受けた者があるときは、その全部又は一部を返還させるものとする。

(その他)

第13条 この告示に定めるもののほか、手当の支給に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成22年6月21日告示第96号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年9月12日告示第104号)

この告示は、公布の日から施行する。

串本町心身障害児福祉手当支給要綱

平成17年4月1日 告示第17号

(平成25年9月12日施行)