○串本町身体障害者等福祉年金支給条例施行規則

平成17年4月1日

規則第61号

(町長が認める施設等)

第2条 条例第2条に規定する町長が認める町外の施設等は、次に掲げるものをいう。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第5条による施設

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が適当と認めた施設

(受給資格の認定申請)

第3条 受給資格の認定を受けようとする者は、次に掲げる書類を添えて、身体障害者福祉年金受給資格認定書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(1) 申請しようとする身体障害者の住民票抄本

(2) 身体障害者手帳の写し

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長の指示する書類

(年金証書の交付)

第4条 身体障害者福祉年金受給資格認定書を受理したときは、速やかに審査し、有資格者に身体障害者福祉年金証書(様式第2号。以下「年金証書」という。)を交付する。

(年金証書の再交付等)

第5条 受給資格者は年金証書を亡失し、又は破損したときは、直ちに町長に届け出て、年金証書の再交付を受けなければならない。

(受給権の停止)

第6条 その住所を町外移転している者、受給権者の死亡又は年額10万円以上の所得のあった者については、年金の支給を停止する。

(支給方法等)

第7条 年金の支給期日は、年2回とする。

前期(4月から9月まで)支給日 9月末日

後期(10月から3月まで)支給日 3月末日

2 年度途中において年金受給資格認定申請がなされ、認定されたものに交付する年金の額は、当該日の属する月の翌月から支給し、月額2,500円とする。

(代理受給)

第8条 年金受給者は、自ら年金を受領できないときは、受給者に代わり年金の受領を代理人に依頼することができる。この場合、あらかじめ町長に届け出ることとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の串本町身体障害者福祉年金支給条例施行規則(昭和46年串本町規則第6号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

串本町身体障害者等福祉年金支給条例施行規則

平成17年4月1日 規則第61号

(平成17年4月1日施行)