○串本町立学校職員旧姓使用取扱要綱

平成17年4月1日

教育委員会訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、互いの個性を尊重し、働きやすい職場環境を整備することを目的に、職員が婚姻、養子縁組その他の事由(以下「婚姻等」という。)により戸籍上の氏を改めた後も、引き続き婚姻等の前の戸籍上の氏(以下「旧姓」という。)を文書等に使用することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において「職員」とは、町立学校に勤務するすべての教職員をいう。

(承認)

第3条 職員は、串本町教育委員会教育長(以下「教育長」という。)の承認を受けて、法令、条例等の規定に反せず、職務遂行上又は事務処理上支障がない文書等において、旧姓を使用することができる。

(旧姓を使用できる文書等)

第4条 前条の旧姓を使用できる文書等とは、次に掲げるものとする。ただし、第15号及び第16号に掲げる文書については、氏名欄に戸籍上の氏を併記するものとする。

(1) 校務分掌表

(2) 名刺

(3) 起案文書(起案者の氏名表示)

(4) 決裁文書、供覧文書等に係る押印又はサイン

(5) 出勤簿(「市町村立学校出勤簿取扱要項」様式第1号)

(6) 職員勤務状況報告書(「市町村立学校出勤簿取扱要項」様式第3号)

(7) 年次有給休暇届

(8) 病気休暇届

(9) 特別休暇届

(10) 組合休暇届

(11) 職務専念義務免除願

(12) 適法な交渉を行うための職務専念義務免除願

(13) 研修(教育公務員特例法(昭和24年法律第1号)第22条第2項)願

(14) ボランティア活動計画書

(15) 介護休暇承認請求書及び介護休暇承認状況変更届(戸籍上の氏を併記)

(16) 手当に係る届及び実績簿(戸籍上の氏を併記)

(17) 事故報告書

(18) 前各号に掲げるもののほか、法令等に基づかない文書等で校長が認めるもの

(承認申請)

第5条 職員は、婚姻等により戸籍上の氏を改め、第3条の旧姓の使用の承認を受けようとするときは、旧姓使用承認申請書(様式第1号)に戸籍抄本の原本を添付し、校長を経由して教育長に提出しなければならない。

(承認の決定)

第6条 教育長は、前条の申請書の提出があった場合において、職務遂行上又は事務処理上支障がないと認めるときは、旧姓の使用を承認するものとする。ただし、教育長は、特別の必要があると認めたときは、第4条に規定する文書等のうち一部のものについて、旧姓の使用を承認しないことができる。

(承認の通知)

第7条 教育長は、前条の規定により旧姓の使用を承認したときは、旧姓使用承認通知書(様式第2号)を校長を経由して当該承認を受けた職員(以下「旧姓使用者」という。)に交付し、旧姓使用の承認を通知するものとする。また、旧姓使用承認証明書(様式第3号)を当該校長に交付し、当該旧姓使用者の旧姓使用の承認を証明するものとする。

2 教育長は、旧姓使用承認証明書の写しを和歌山県小中学校課長に送付し、旧姓使用を許可したことを報告する。

3 旧姓使用承認証明書は、校長が保管するものとし、当該旧姓使用者が串本町教育委員会管内で転任する場合は、転出先の校長が引き続き保管するものとする。串本町教育委員会管外への転任の場合は、当該教育委員会に旧姓使用承認証明書の写しを送付する。

(承認の取消し)

第8条 教育長は、第6条の規定により旧姓の使用を承認した後において、当該旧姓使用者が旧姓を使用することで職務遂行上又は事務処理上支障があると認めたときは、当該旧姓使用者に係る旧姓の使用の承認を取り消すことができる。

(中止)

第9条 旧姓使用者が、旧姓の使用を中止しようとするときは、旧姓使用中止届(様式第4号)を校長を経由して教育長に提出しなければならない。また、旧姓使用者と校長は、その旧姓使用中止届の写しをそれぞれ保存するものとする。

2 教育長は、旧姓使用中止届の写しを和歌山県小中学校課長に送付し、旧姓使用を中止したことを報告する。

(責務)

第10条 旧姓使用者は、旧姓を使用するに当たって、常に児童生徒、保護者、町民、職員等に誤解や混乱が生じないよう努めなければならない。

2 校長は、所属職員の旧姓の使用に関し、適切な運用が図られるよう努めなければならない。

(その他)

第11条 この訓令に定めるもののほか、旧姓の使用に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

串本町立学校職員旧姓使用取扱要綱

平成17年4月1日 教育委員会訓令第2号

(平成17年4月1日施行)