○串本町職員の特殊勤務手当に関する規則

平成17年4月1日

規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、串本町職員の給与に関する条例(平成17年串本町条例第40号)第15条の規定により特殊勤務手当の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 特殊作業手当

(2) 危険手当

(3) 医学研究手当

(4) 隔日勤務手当

(5) 航空隊手当

(6) 夜間看護手当

(7) 地域特別手当

(8) 健診等手当

(9) 分娩等手当

(10) 手術部勤務手当

(11) 内視鏡手当

(12) 医師救急呼出待機手当

(13) 医師文書手当

(14) 医療技術職員手当

第3条 削除

第4条 特殊作業手当は、次に該当する場合に支給する。

(1) 一類感染症及び二類感染症若しくはこれに類するものの、移送等又はこれ等の病原体の付着し、又は付着しているおそれのある物の取扱い又は消毒に従事したとき。

(2) 行路病死人、変死人等の収容護送、埋葬等に従事したとき。

(3) 火葬業務に従事したとき。

(4) 救急救命業務に従事したとき。

第5条 臨床検査業務又は放射線取扱業務に従事する職員及び消防署に勤務する職員に危険手当を支給する。

第6条 医学研究手当は、医学研究に従事する医師に支給する。

第7条 隔日勤務手当は、消防署に勤務する職員に支給する。

第7条の2 航空隊手当は、和歌山県防災ヘリコプターに搭乗し、救急救助、消火活動、防災活動等に従事させるため、和歌山県に派遣した職員に支給する。

第8条 夜間看護手当は、町立病院に勤務する助産師、看護師及び准看護師が、正規の勤務時間による勤務の一部又は全部が深夜(午後10時から翌日の午前5時までの間をいう。)において行われる看護等の業務に従事したときに支給する。

第9条 地域特別手当は次に該当する職員に支給する。

(1) 医師

(2) 医療職給料表の適用を受ける職員のうち、顕著な業績等を有する者として採用された職員で医師以外の職員

第10条 健診等手当は、健康診断、予防接種等の業務を行う医師に支給する。

第11条 分娩等手当は、産婦人科に勤務する産婦人科医師及び助産師に支給する。

第11条の2 手術部勤務手当は、手術部に勤務する看護師及び准看護師に支給する。

第11条の3 内視鏡手当は、内視鏡業務に従事する看護師及び准看護師に支給する。

第11条の4 医師救急呼出待機手当は、緊急を要する患者の診療のために正規の勤務時間外に待機した医師に支給する。

第11条の5 医師文書手当は、別表第2に掲げる診断書等の文書を作成した医師に支給する。

第12条 医療技術職員手当は、放射線技師及び臨床検査技師に支給する。

(特殊勤務手当の額)

第13条 第3条より前条までに規定する特殊勤務手当の額は、別表第1及び別表第2で定める。

(支給日)

第14条 前条に規定する手当は、毎月給料の支給日に支給する。ただし、第5条及び第7条の規定に該当する者で、当該月に15日以上欠勤したものには支給しない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の特殊勤務手当支給規則(昭和38年串本町規則第2号)若しくは古座町職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和58年古座町条例第4号)又は解散前の国保古座川病院職員の特殊勤務手当支給条例(平成5年国保古座川病院組合条例第3号)の規定により支給すべき理由を生じた特殊勤務手当については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成18年3月20日規則第14号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年6月27日規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月9日規則第7号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規則第9号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年5月16日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用する。

附 則(平成23年9月15日規則第25号)

この規則は、平成23年11月1日から施行する。

附 則(平成24年4月1日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年4月15日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、平成25年4月1日から適用する。

附 則(平成26年4月16日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、平成26年4月1日以降の勤務に係る夜間看護手当から適用する。

附 則(平成28年3月30日規則第24号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年6月30日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行し、平成29年4月1日から適用する。

附 則(平成29年9月15日規則第30号)

この規則は、平成29年9月1日から施行する。

附 則(平成29年12月25日規則第48号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月15日規則第17号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1 行政職等(第14条関係)

種類

基準

金額

特殊作業手当

感染症防疫作業等

1日

1,000円

行路病死人、変死人取扱い

1体

1,000円

火葬業務

1体

2,000円

救急救命業務

1回

300円

危険手当

月額

3,500円

隔日勤務手当

月額

3,000円

航空隊手当

月額

30,000円

別表第2 医療職(第14条関係)

種類

基準

金額

危険手当

放射線取扱手当

月額

3,000円

細菌検査等手当

月額

3,000円

医学研究手当

月額

病院経営を行う院長 480,000円以内

院長 160,000円以内

副院長 150,000円以内

医長 100,000円以内

医員 70,000円以内

夜間看護手当

深夜における勤務時間が4時間以上である場合

1回

3,200円

深夜における勤務時間が3時間以上4時間未満である場合

1回

2,800円

深夜における勤務時間が3時間未満である場合

1回

1,800円

地域特別手当

月額

医師 350,000円

その他の職員 150,000円以内

健診等手当

1回

30,000円

分娩等手当

月額

産婦人科医師 300,000円以内

助産師 120,000円以内

手術部勤務手当

月額

手術部に勤務する看護師及び准看護師 12,000円

1回

手術部に勤務する看護師及び准看護師が夜間又は休日の緊急手術のために出勤を命じられた場合 3,000円

内視鏡手当

1回

内視鏡業務に従事する看護師及び准看護師が夜間又は休日の緊急内視鏡業務のために出勤を命じられた場合 3,000円

医師救急呼出待機手当

1回

勤務日 2,000円

串本町の休日を定める条例(平成17年串本町条例第2号)第1条に規定する町の休日 5,000円

医師文書手当

1枚

串本町病院事業の設置等に関する条例(平成23年串本町条例第24号)別表第4に掲げる後遺症証明書、保険関係診断書、自賠責診断書、労災関係診断書、厚生年金用診断書、心身障害者等の認定診断書、裁判所関係診断書、要介護認定意見書、死体検案書、出産証明書、小児公費申請書、特定疾患申請書 500円

医療技術職員手当

月額

放射線技師 90,000円以内

臨床検査技師 90,000円以内

串本町職員の特殊勤務手当に関する規則

平成17年4月1日 規則第26号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
平成17年4月1日 規則第26号
平成18年3月20日 規則第14号
平成19年6月27日 規則第11号
平成21年3月9日 規則第7号
平成21年3月31日 規則第9号
平成23年5月16日 規則第9号
平成23年9月15日 規則第25号
平成24年4月1日 規則第9号
平成25年4月15日 規則第10号
平成26年4月16日 規則第10号
平成28年3月30日 規則第24号
平成29年6月30日 規則第17号
平成29年9月15日 規則第30号
平成29年12月25日 規則第48号
平成30年3月15日 規則第17号