■創業支援について

□産業競争力強化法に基づく創業支援について
平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」では、地域の創業を促進させるため、市区町村が民間事業者等と協力して創業者を支援する取り組みを行うこととなっております。
串本町は、東牟婁郡4町村(那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村)と共同して創業支援事業計画を策定し、平成28年1月13日に国の認定を受け、関係機関とともに創業者に対する支援に取り組んでいきます。

・和歌山県東牟婁郡創業支援事業 【PDF

創業支援事業計画の内容
・創業支援事業計画(概要図) 【PDF

■特定創業支援事業
特定創業支援事業とは、市区町村または創業支援事業者が、創業希望者等に行う継続的な支援で、「経営・財務・人材育成・販路開拓」の知識が全て身につく事業をいい、本町ではそれぞれ創業セミナーと個別相談が該当します。
本町の計画では、特定創業支援事業を1か月以上にわたり4回以上受けることで、町が証明書を発行し、次のような優遇措置を受けることができます。

1. 登録免許税の減免
創業前の人の株式会社設立時の登録免許税が、半額になります。
資本金の0.7%→0.35% 最低税額15万円→7.5万円

2. 創業関連保証枠の拡大
無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠が、1,000万円から1,500万円に拡充されます。

3. 創業関連保証特約の拡大
創業2か月前から対象となる創業関連保証の特例が、事業開始6か月前から利用できます。

■ワンストップ相談窓口の設置・相談窓口の設置
串本町商工会・南紀くろしお商工会・古座川町商工会・北山村商工会に創業に関するワンストップ相談窓口、日本政策金融公庫田辺支店に相談窓口を設置します。

■創業セミナーの開催
創業セミナーでは、創業に必要な経営に関する知識が得られる機会を提供します。

■お問い合わせ
串本町役場 産業課
TEL:0735‐62‐0558

戻る