■平成24年度 串本町病院事業改革評価委員会 評価結果及び意見について

平成25年2月28日に行われた標記委員会により、事務局から次の報告内容が承認されました。

平成23年度は10月まで串本病院・古座川病院の両病院を運営していましたが、その両病院を統合し、11月より新病院「くしもと町立病院」を運営することとなりました。
新病院への移行を考慮して、串本病院では転院に伴う入院患者の調整を行い、古座川病院では前年度より入院機能を休止しており、外来においても内科・小児科・透析のみの診療とするなど、診療規模の縮小を行った結果、形状損益において改革プランを(24,520千円)下回る結果となりましたが、改革プランに基づく運営費補助目的の一般会計繰入金(50,000千円)が次年度へ繰り出されたことを考慮すれば、概ね改革プランに沿った運営ができている。

委員からの質疑・意見は次のとおりです。
○改革プランと比較した場合、医師の人員不足数とその診療科は?
→内科医師が2名不足しています。
○平成23年度未執行である運営費補助目的の一般会計繰入金の執行予定については?
→平成24年度補正予算(平成25年第1回定例会)での計上を予定しています。
○収支計画における改革プランとの差異は?
→平成24年度において、収益面で計画値に届かないものの、費用面も抑えられているため、経常損益・純損益ともにプラン内の値に収まる見込みとなっています。
○実績調書にある診療単価は1人あたりの金額か?
→はい。1人1日あたりの金額です。

お問い合わせ
くしもと町立病院
TEL:073-562-7111
FAX:0735-67-7200

戻る