■天ぷら油による火災の防止

天ぷら油火災は、未然に防止できるように日頃から心がけることが大切ですが、万が一火災が起きた場合には、慌てず落ち着いて対処する必要があります。

●天ぷら油の特性
現在市販されている天ぷら油はその温度が約360℃~380℃以上になれば、火種がなくても発火します。

●離れる時は火を消す
天ぷら油火災の多くは、天ぷらを揚げている時のちょっとした油断が原因で発生しています。いったんこんろに火を付けたら、絶対にその場を離れない(離れる必要がある時はこんろの火を消してから離れる)習慣を付けましょう。

●火災が発生したら
天ぷら油火災が発生した時、水で消火しようとすると炎が爆発的に拡大し、周囲に油が飛散してやけどを負ったりするなど大変危険です。炎が小さい場合は、こんろの火を止め、鍋の全面を覆うふたをして空気を遮断することにより消火できることもあります。炎が大きくなってしまったら、消火器で消火しましょう。

戻る