■メルシン市(トルコ共和国)

□Mersin Buyuksehir Belediyesi
%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%b31

国名:トルコ共和国
県名:イチェル県
人口:約60万人(2005年)
面積:15,853平方キロメートル
提携年月日:1975年10月8日

メルシン市ホームページ

□地勢・沿革
トルコ南部、地中海沿岸の街でイチェル県の県庁所在地。気候は地中海性気候で、1年を通じて温暖です。1992年に周辺のアクデニズ、イエニシェヒール、トロスラルの3市を統括する大都市に昇格し、大メルシン市となりました。トルコ有数の近代都市で、フリートレードゾーンの指定を受け、トルコ各地から集積される野菜の中近東地域への積み出し港として栄えています。また、農作物では柑橘類の栽培が盛んです。

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%b33
メルシン市の遭難慰霊碑

□姉妹都市縁組の経緯
1971年5月23日、トルコ海軍総司令官ジエラル・エイジオール大将(後に駐日トルコ大使を歴任)がエルトゥールル号追悼式典出席のため串本町を訪れた際、同号の慰霊碑がトルコ本国にないことを遺憾とし、建立を計画。第2次世界大戦中に地中海メルシン沖で国籍不明の潜水艦に撃沈されたトルコ軍艦レファ号のものと併せ、1972年6月23日に樫野の慰霊碑と同一の碑がメルシン市に建立されました。このことがきっかけとなり、1975年10月8日、串本町議会においてメルシン市との姉妹都市縁組が決議されました。ただし、この日に公式調印は行われておらず、1994年7月31日、メルシン市からオカン・メルジェジ市長を団長とする代表団が来町した際、正式に調印文書を取り交わし、姉妹都市宣言が行われました。

メルシン市内にある 「串本姉妹都市通り」
%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%b34

「串本姉妹都市通り」の道路標示
%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%b35

メルシン市役所
%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%b36

メルシン市の中央広場
%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%b37

戻る