■介護保険料について

◎第1号被保険者 保険料(65歳以上の方)の介護保険料につきましては、下図のとおりとなります。
※介護保険料は3年毎に見直されております。

なお、保険料段階は、毎年6月の合計所得金額確定を受けて決まります。それまでの間は前年の介護保険料を元に仮計算されております。

PDFファイル

公的年金(老齢・退職・遺族・障害)受給額が年額18万円以上と未満では納め方(①・②)が違います。
①特別徴収・・・年額18万円以上の方は、年6回の年金から徴収されます。
②普通徴収・・・年額18万円未満の方等は役場からの納付書若しくは口座振替で納めます。
☆役場及び銀行へお越しいただく必要の無い口座振替が便利です。
〇老齢福祉年金は特別徴収の対象になりません。
〇年度途中で所得の変更により保険料が減額された方は普通徴収になります。
また、所得の変更により保険料が増額した方については特別徴収とあわせて 普通徴収も行います。
〇年度途中で65歳になる方、他の市町村から転入した方、何らかの事情により年金天引きが出来なくなった方、年金の支給方法が変更となった方等も、普通 徴収になります。
〇日本年金機構や公務員等の各共済からの特別徴収対象者名簿に
記載の無い方は、普通徴収となります。
〇普通徴収を納めていただける金融機関につきましては、
【納税の方法】をご覧ください。
なお、現在串本町の介護保険料納付に、コンビニエンスストアは
対応しておりません。ご容赦ください。

4月〜10月 11〜3月
年金天引の方
(特別徴収)
仮徴収 本徴収
4月と6月の保険料は、原則として2月に天引きされた保険料と同じ金額です。 前年の合計所得金額等をもとに再計算し、8・10・12・2月の年金から天引きします。
(8月の保険料は前年の合計所得金額を使用し再計算する為、仮徴収時から変更している場合があります。)
納付書や口座振替でお支払いの方
(普通徴収)
仮徴収 本徴収
前年の合計所得金額等をもとに再計算し、年間保険料から仮徴収した金額を差し引いています。 前年の介護保険料をもとに仮算定しています。1期ごとの保険料は本徴収分を、7月から3月分(原則11期までなので8回分)で割った金額

保険料の滞納について
介護保険料を滞納しますと、滞納期間に応じて、保険給付が制限される場合があります。また、差し押さえ等の滞納処分の可能性もありますので御注意ください。
保険給付の制限につきましては【介護保険制度の紹介】をご覧ください。

介護保険制度は将来まで安心して暮らすためのしくみです。

お問い合わせ先
串本町役場税務課 TEL:0735-62-0586

戻る